遺伝的にお酒が弱い人


遺伝的にお酒が弱い人はどうする?

「お酒に弱い=二日酔いになりやすい」は本当か?

そもそも「お酒に弱い」とはどういうことでしょうか。
何を今更…とお思いでしょうが、これを間違えてしまうと正しい判断はできません。実は私達は複数の症状をひっくるめて「お酒に弱い」と呼んでいます。
まずひとつは「酔いやすい」
少量のお酒でもすぐに酔ってしまうことです。
そしてふたつめは「悪酔いや二日酔いを起こしやすい」
少量のお酒で頭痛や吐き気などを起こしやすいことです。

お酒を毎日飲んでいると強くなる、は本当?

「酒は毎日飲んでいると強くなる」という話をよく聞きます。
本当でしょうか?

全ては遺伝で決まっている

ALDHのアセトアルデヒド分解能力は大きな個人差があることが知られていますが、これは遺伝で親から受け継いだALDHの遺伝子によって決められています。
すなわち親が下戸同士の場合は、子どもも下戸になるということです。
酒豪の家系、下戸の家系というのはこうして出来上がります。

まとめ

二日酔いになりやすいか否かは遺伝的に受け継いだALDHのタイプにより決まってしまう。
毎日飲んで鍛えてMEOSを活性化すると酔いにくくはなるが、結果的に二日酔いの原因とされるアセトアルデヒドを増やすことになる。
悪酔いや二日酔いを起こしやすい体質の人が毎日お酒を飲んで鍛えると二日酔いに関してはむしろ悪化する可能性が高い。

非常に残念な結果になってしまいましたが、弱い人専用の二日酔い対策というものは存在しません。
二日酔いは摂取するアルコールの量が増えると悪化するという基本的な性質があり、遺伝的にお酒の弱い人はその影響をより受け易いという事実からは抜け出すことができません。

当たり前のことですが、最善の二日酔い対策は飲む量を減らすことという原則はここでも変わりません。


カテゴリー: 二日酔いの基礎知識