ヘパリーゼシリーズ徹底比較


ヘパリーゼシリーズ徹底比較

ゼリア新薬の『ヘパリーゼⓇ』。ご存知、ヘパリーゼですがなかなかたくさん種類があり、違いもよくわからないので、二日酔い対策サイトとして比較検討してみました。

「肝臓に作用して滋養強壮効果を発揮する肝臓水解物・ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミンを配合」。「飲む人のため」と銘打ったドリンク剤や、錠剤を製造販売しています。

 

『ヘパリーゼⓇW』の発売から、販売ルートを薬局からコンビニへと拡大し、2014年10月1日には『ヘパリーゼⓇW HYPER』が新発売されました。販促にも力を入れているのでしょう、TVCMを見た事がある人も多いのではないでしょうか。
『ヘパリーゼⓇW HYPER』の発売によって、系列ドリンク剤は7製品となりました。結構多いです。

第2類医薬品・・・『ヘパリーゼⓇ キング』『ヘパリーゼⓇ 胃腸内服液』
第3類医薬品・・・『新ヘパリーゼⓇドリンク』『ヘパリーゼⓇ Hi』
指定医薬部外品・・『ヘパリーゼⓇ Amino』
清涼飲料水 ・・・『ヘパカンⓇ』『ヘパリーゼⓇ W』『ヘパリーゼⓇ W HYPER』『ヘパリーゼⓇ SUPER』
炭酸飲料  ・・・『ヘパリーゼⓇ W Sparkling』
栄養補助食品・・・『ヘパリーゼZⓇ』

へパリーゼを成分で比べる

ヘパリーゼシリーズを成分で分けると、「肝臓水解物」「肝臓エキス」の他に「ウコンエキス(クルクミン)」『ウコン抽出物』を配合している、『ヘパカン』『ヘパリーゼW』『ヘパリーゼW ハイパー』(写真の右側3本)、『ヘパリーゼ スーパー』の清涼飲料水グループと、炭酸飲料『ヘパリーゼW スパークリング』。それと、サプリメントの『ヘパリーゼZ』。

ウコン以外の生薬を配合している、『新ヘパリーゼドリンク』『ヘパリーゼHi』『ヘパリーゼキング』の医薬品グループ(写真の左側3本)。(『ヘパリーゼキング』は箱入り。)

医薬品グループ3製品は「コンドロイチン(コンドロイチン硫酸ナトリウム)」200mgを配合。『ヘパリーゼW HYPER』にも入っています。
最近注目されている「オルニチン」「セサミン」が配合されているのは『ヘパリーゼZ』だけですね。

へパリーゼを買える場所で比べる

医薬品の『新ヘパリーゼドリンク』『ヘパリーゼHi』『ヘパリーゼキング』の3製品と『ヘパカン』は薬局薬店、ドラッグストアでよく見かけますね。

『ヘパリーゼW』と『ヘパリーゼW ハイパー』(写真の右側の瓶2本)と『ヘパリーゼW スパークリング』『ヘパリーゼ アミノ』はコンビニで買えますよね。スーパーや飲食店、カラオケ店で販売されているのは『ヘパリーゼ スーパー』です。

そして、お店はどこも扱っていない、インターネットのみの通販専用販売なのが『ヘパリーゼZ』です。インターネットで買えるのは、近所に売っているお店がない場合などはメリットですね。

ヘパリーゼシリーズを効果で比べる

ですので、印象として。
医薬品の3種類の方は、値段もそこそこ高いですし、やはり効く印象です。まあですが、生薬配合の製品なので、効く効かないは人それぞれかと思います。『ヘパリーゼキング』は生薬の種類から女性向きではないかもしれませんね。

清涼飲料水の4種類の方はコンビニで売ってますので、ポカリスエットやアクエリアスを買う時に一緒に買って飲んでます。正直、ドリンクはお腹がタポタポになるのであまり好きではありません。

ただ、いつも思うのが、お酒を飲んだ時に慌ててこれらを飲んだところで、焼け石に水なのではないか、ということです。

本当は日常的に軽く飲んでおいて、いざ飲酒した時に備えておけるのが一番いいのではないかと思います。そうなると、医薬品だと重いきがするし、そもそもドリンクは毎日だとお腹いっぱいですよね。

おそらく、そのような理由から最近はサプリメントの「ヘパリーゼZ」が人気なのではないかと思います。

アスリートたちとヘパリーゼZ(ゼット?)


カテゴリー: 二日酔い対策