二日酔いの治し方


二日酔いの症状別対応【二日酔いの治し方】

症状別の対応方法

二日酔いの症状別対応

二日酔いといっても、症状は様々です。そして、その症状にはそれぞれの原因があります。症状にあった対応をすることで、効果的に二日酔いを治しましょう。

頭痛、だるさ、吐き気、食欲不振、下痢、疲労、筋肉痛など、症状別の対策方法

以下に二日酔いの症状と原因をまとめてみました。

  頭痛 だるさ 吐き気 食欲不振、下痢 筋肉痛
アセトアルデヒド    
脱水症状  
低血糖症  
アデノシン        
胃の塩酸分泌      
メタノール    

頭痛、だるさ、吐き気、疲労(アセトアルデヒドが原因=飲みすぎ)

アセトアルデヒドは二日酔いの主な原因です。肝臓によるアルコールの分解過程で生じる物質で、特に日本人はアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の活性、分泌が弱いため、 アルコールの分解は終わっているにも関わらずアセトアルデヒドが体内に残り二日酔いの原因になることがあります。詳しくは二日酔いの原因をご覧ください。

アセトアルデヒドの解毒にはしじみやひまわりの種、ゴマなどが優れています。

しじみ ひまわりの種 ゴマ

ですから、しじみのお味噌汁やひまわりの種を含むシリアル食品、ゴマは様々な食べ物にまぶしたりかけたりして食べるとよいですよね。しじみに含まれるオルニチンはサプリメントでも摂取できますので、持ち歩くと楽かもしれませんね。楽天市場でのランキングや自身の調査で、人気のあるサプリメントを掲載します。

ゼリア新薬ヘパリーゼZ3粒5袋 DHC オルニチン 30日分 150粒 えんきん 約90日分(徳用3袋セット) オルニチン配合 サプリメント★L−オルニチン 500 協和発酵バイオ オルニチン
ゼリア新薬ヘパリーゼZ3粒5袋 DHC オルニチン 30日分 150粒 えんきん 約90日分(徳用3袋セット) オルニチン配合 サプリメント★L−オルニチン 500 協和発酵バイオ オルニチン

詳細はサプリメント(オルニチン)をご覧ください。

頭痛、だるさ、吐き気、食欲不振(脱水症状が原因)

アルコールによる脱水症状には、ポカリスウェットやアクエリアスなどのスポーツドリンクが有効です。排尿で失われたナトリウムやカリウムの補給をしてくれ、人体に近い浸透圧により吸収が早いので、単純にお水を飲むより効果的です。同様にお味噌汁も水分補給と失われた栄養補給に優れています。アルコールが残っている場合にはアルコールの分解を早める為にしじみや魚介類を入れたお味噌汁が良いでしょう。

頭痛、だるさ、筋肉痛(肝機能低下/低血糖症が原因)

お酒を飲んだ後、アルコールは肝臓で分解されます。その間、肝臓はアルコールの分解を優先させ、他の働きを休ませてしまいます。肝臓の機能として大切なことのひとつが、グルタミンによる糖(グリコーゲン)の生産なのですが、これがアルコール分解中はお休みとなり、結果としてグリコーゲンが不足することになります。脳には糖分が必要ですが、糖分が不足すると頭痛やだるさ、筋肉痛といった二日酔いの原因となります。

糖分を素早く補給、吸収するにはショ糖よりも果糖の方が優れています。中でも果実のフレッシュジュースは低血糖の治療には非常に優れています。ただし、酸性のりんごジュースは避けオレンジジュースやレモンを絞ったものが良いでしょう。また、肝臓の機能を助ける「肝臓エキス」も最近人気ですよね。

肝臓エキスはサプリメントでも摂取できます。楽天市場でのランキングや自身の調査で、人気のあるサプリメントを掲載します。ゼリア新薬とDHCは人気ですね。

ゼリア新薬ヘパリーゼZ3粒5袋 【DHC】 肝臓エキス+オルニチン<20日 60粒> しじみ牡蠣ウコンの入った肝臓エキス顆粒 オリヒロ しじみ牡蠣ウコンの入った肝臓エキス
ゼリア新薬ヘパリーゼZ3粒5袋 【DHC】 肝臓エキス+オルニチン<20日 60粒> しじみ牡蠣ウコンの入った肝臓エキス顆粒 オリヒロ しじみ牡蠣ウコンの入った肝臓エキス

詳細はサプリメント(肝臓エキス)をご覧ください。

吐き気、食欲不振、下痢(胃の塩酸分泌が原因)

アルコールは胃酸の分泌を促し、胃酸過多の状態を引き起こします。この胃酸過多による塩酸は吐き気や食欲不振、下痢といった二日酔いの症状の原因となります。

胃の胃酸過多を抑えるために、しょうがと重曹がよく用いられます。重曹は体内で酸性度を低減し、消化不良、胸焼け、痛風の尿酸結晶溶解にも効果があります。水200mlに小さじ1~2杯程度が適量とされています。

生姜 重曹

頭痛(複数要素が原因)

様々な原因により引き起こされる頭痛ですが、とにかくすぐに何とかしたいという人も多いと思います。その場合には、やはり市販薬がもっとも即効性があります。ただし、これらは医薬品のため、店頭で薬剤師や登録販売者に相談するのがよいでしょう。

お薬名前 成分(1回分)とその効能 特徴
バファリンプラスS 24錠 アセチルサリチル酸:500mg アスピリンのこと。炎症を鎮め、痛みを抑える。 無水カフェインは脳の血管を収縮させることによって、まわりの神経への影響を抑え、痛みを緩和します。錠剤速崩壊技術 “fastab”採用で速く効きます。
アセトアミノフェン:300mg 痛みの伝わりを和らげる
無水カフェイン:120mg 脳の血管の腫れを収縮し痛みを鎮める
アリルイソプロピルアセチル尿素:30mg 鎮痛効果補助
乾燥水酸化アルミニウムゲル:70mg 胃粘膜保護
ロキソニンS 12錠 ロキソプロフェンナトリウム水和物:68.1mg (無水物として60mg) 炎症を鎮め、痛みを抑える 熱鎮痛成分[ロキソプロフェンナトリウム水和物]が、痛みの原因物質(プロスタグランジン)を すばやく抑え、すぐれた鎮痛効果を発揮します。
イブクイック頭痛薬 20錠 イブプロフェン:150mg 炎症を鎮め、痛みを抑える イブプロフェンがすばやく頭痛の痛みのもと(プロスタグランジンの発生)を抑制します。
酸化マグネシウム:100mg 胃酸を中和し、胸やけなどの症状を改善
アリルイソプロピルアセチル尿素:60mg 脳の興奮を抑え、痛み等を感じる感覚を鈍くする
無水カフェイン:80mg 脳の血管の腫れを収縮し痛みを鎮める
ナロンエース 16錠 イブプロフェン:144mg 炎症を鎮め、痛みを抑える イブプロフェンが末梢で痛みのもと(プロスタグランジンの生成)をブロック、エテンザミドが中枢で痛みの伝わりをブロック。ダブルブロック処方により優れた鎮痛効果を発揮します。
エテンザミド:84mg 炎症を鎮め、痛みを抑える
ブロモバレリル尿素:200mg 脳の神経を鎮める
無水カフェイン:50mg 脳の血管の腫れを収縮し痛みを鎮める

カテゴリー: 二日酔いの治し方