二日酔いの予防法


二日酔い簡単に防げる?!そして、アレは実は無意味だった!【二日酔いの予防】

二日酔いの予防はずばり、「空腹で飲まない」「水分補給」!

二日酔い簡単に防げる?!そして、アレは実は無意味だった!

アルコールを摂取することで「酔い」が発現するのは、アルコールが中枢神経を麻痺させることによる症状ですが、「二日酔い」はアルコールの分解過程で出るアセトアルデヒドや、肝臓の働きがアルコール分解に集中することで起きる糖分不足、アルコールの利尿作用による脱水症状など、様々な原因で引き起こされます。

しかし、多くの原因は「アルコールの血中濃度が高くなる」ことで起きますので、血中濃度を高くしないようにすればよいのです。体の水分が少なくなると、血液中のアルコール濃度は上がります。そして、空腹時にアルコールを摂取すると、やはりアルコールの吸収が進み、血液中のアルコール濃度が上がります。

つまり、水分補給をすることと、空腹で飲まないことが、二日酔いの最大の防衛策なのです。アルコールの血中濃度を上げないことは、飲酒による低血糖症も防ぐことができます。では、「何で空腹を満たしてから」お酒を飲めばよいのでしょうか。

お酒を飲む前に何を食べておくべきか?

空腹でお酒を飲むことに比べれば、お腹に何かが入っていれば何でもいいのですが、せっかく二日酔い予防をせいようと思うなら、とにかく効果的なものを食べておくのがよいでしょう。

二日酔い予防に効果的なのは、「脂肪」です。

脂肪は胃の中でほとんど消化・吸収されずに、十二指腸ではじめて消化・吸収がはじまります。そして、吸収されるには長い時間がかかります。脂肪を摂取しておくことで、アルコールの胃での吸収を防いで、腸での吸収速度をゆっくりにすることができ、それにより、急激に酔うなどを回避することができます。

ただし、ここでいう「脂肪」とは、「脂肪分の高い肉やあぶら」ではありません。唐揚げなども、逆に胃や肝臓に負担をかけてしまうことになりますので、避けるほうがよいでしょう。

「脂肪」なら、バターやオリーブオイル、マカダミアナッツなどを

世界中で二日酔い予防に様々なものが食べられていますが、例えばヨーロッパの地中海沿岸地域などでは、二日酔い予防にスプーン1杯のオリーブオイルを飲む習慣があり、これは世界中で有名になりました。

ウォッカで有名なロシアでは、飲食前にバターやサワークリームを食べることも知られています。脂肪が多く含まれる食品としては、他にもくるみやマカダミアナッツ、ドレッシングなどがあります。「お酒を飲む前」には是非摂っておきたいですね。

飲酒前の牛乳は効果なし!

お酒を飲む前に牛乳を飲んでおくと、二日酔い予防になるといわれていますが、「二日酔い予防としてはほとんど効果がありません」。牛乳の脂肪分はバター、オリーブオイルなどと比べると大変低く、胃や腸でのアルコール吸収を防ぐ効果はほとんどありません。

ですから、飲酒前の牛乳は単なる「空腹を防ぐ」ことしか作用がなく、それであればほかの食べ物と変わりがありません。昔から牛乳が推奨されていたのは、昔の日本の食事には脂肪分が多く含まれる食品があまり多くなく、その中では牛乳は多少脂肪が含まれていた、という事情があります。

現代においては、わざわざ飲酒前に牛乳を飲む意味はないと言って差し支えないでしょう。

脂肪が嫌なら緑茶を

ただ、脂肪はダイエットの敵でもありますから、特に女性の方は摂取するのを嫌がることもあるかもしれません。その場合には、緑茶がおすすめです。

緑茶に含まれるカテキンには、アルコールなどの栄養吸収を阻害する働きがあります。少し前から、「高濃度茶カテキン」が含まれる緑茶が多く売られているのは、そのためです。

ただし、高濃度茶カテキンの過剰摂取では、海外で肝機能障害などが報告されていますので、摂り過ぎには十分注意が必要です。それと、あくまで効果があるのは「緑茶」ですので、煎茶や抹茶、玉露にはカテキンが含まれないか、含まれてもごく微量のため、二日酔い予防には効果がありません。

事前の対策が難しければ、サプリメントで

バターやオリーブオイル、なかなか仕事中に摂取できるものでもないかもしれません。そんな時には、飲酒前に肝機能を高めておくことで対策するとよいでしょう。幸い、飲む前に飲むことで二日酔い予防に効果のあるサプリメントは多く販売されています。

ゼリア新薬ヘパリーゼZ3粒5袋 DHC オルニチン 30日分 150粒 えんきん 約90日分(徳用3袋セット) オルニチン配合 サプリメント★L−オルニチン 500 協和発酵バイオ オルニチン
ゼリア新薬ヘパリーゼZ3粒5袋 DHC オルニチン 30日分 150粒 えんきん 約90日分(徳用3袋セット) オルニチン配合 サプリメント★L−オルニチン 500 協和発酵バイオ オルニチン

詳細はサプリメント(オルニチン)をご覧ください。

飲みながら二日酔い予防するには、「水」が一番

事前に二日酔い予防策をとれていない人も、飲み会がはじまってからでも二日酔い予防することができます。

結局は、「アルコールの血中濃度を上げない」ことや「アルコールの吸収を遅らせる」ことができればよいのです。そして、それを体に負担をかけることなく行える食べ物や飲み物があるとなおよいですよね。

ただ、水分がなくなるのであれば、水をがぶ飲みすれば二日酔い予防できるのか、というと、それは違います。水分は、お水そのものでアルコール血中濃度を下げる効果はありません。ですから、チェイサーでお水をたくさん飲んでも、二日酔い予防には意味がありません。いつもチェイサーをたくさん飲んでいるのに、いつも二日酔いになる人もいるかと思います。

水の効果的な飲み方は、ずばり「水割り」です。アルコールと一緒に摂取すると、アルコール吸収を遅らせ、血中アルコール濃度を下げることができます。一見チェイサーと同じようで、効果は全く異なります。


カテゴリー: 二日酔いの予防法