二日酔いにコーヒーは有効か?


二日酔いにコーヒーは効く?【二日酔いの予防】

専門家は効くといいますね

coffee

「二日酔いによる頭痛を和らげたいなら、コーヒーを1杯、飲みましょう。」新東京病院の顧問である清瀬闊医師は、このように報告しています。

二日酔いのときに起る頭痛はアセトアルデヒドと呼ばれる物質が主な原因です。この物質をからだの外に追い出し、脳の血液の循環をよくすれば、やがてつらい頭痛は解消されます。その際、有効なのがコーヒーに含まれるカフェインです。飲み過ぎた翌朝、頭がズキズキと痛んだら、まずは1杯のコーヒーを試してみてはいかがでしょう。

研究報告
コーヒーは肝機能を良好に保ってくれるという、うれしい研究結果が出ています。 お酒好きな方は、コーヒーも飲むと良いようです。

九州大学大学院医学研究院予防医学分野の古野純典教授らの研究より
ビールを毎日1本ほど飲む人について、コーヒーを毎日3~4杯飲む人とほとんど飲まない人を比較したところ、コーヒーを飲む人のほうが、γ-GTPが平均で10以上も低いことが分かりました。ちなみにγ-GTPの値が低いほど、肝機能は良好といえます。

三越厚生事業団三越総合健診センターの船津和夫所長の研究より
飲酒者のγ-GTPの値が血圧と相関関係があることに着目し、コーヒーと酒量、血圧の関係について調査したところ、1日3杯以上のコーヒーの飲用は、飲酒者において高血圧を改善することが明らかになりました。コーヒーの効果は飲用1週間後から表れ、コーヒー飲用を中止すると血圧が上昇する傾向があるという結果が出ています。

そもそものコーヒーの健康効果

リラックス効果
コーヒーを飲むと脳の血流が増えるため、リラックス効果があると言われています。落ち着かないときにコーヒーを何杯も飲んでしまう人をよく目にしますが、このためだと考えられます。

消化促進
コーヒーは胃の働きを活発にし、消化液の分泌を促します。レストランなどで食後にコーヒーが出るのは食事の後の胃もたれを取り除くためなのです。

眠気防止
カフェインには脳の働きを活性化する効果があるため、コーヒーを飲むことで眠気を覚ますことが出来ます。

糖尿病のリスク低下
研究の結果、生活習慣が原因で起こる2型糖尿病の予防にコーヒーが効果的、ということが分かってきました。1日数杯のコーヒーを毎日飲む習慣がある人は、そうでない人に比べて糖尿病の発症率が低いのだそうです。

脂肪燃焼
コーヒーに含まれるカフェインには、脳の活性化以外に新陳代謝を上げて脂肪燃焼しやすい体を作り出す効果があります。実際にダイエット補助剤としてカフェインが使用されている例は数多くありますので、効果は期待できそうです。で、二日酔いにはどうでしょうか。効くのでしょうか?

コーヒーの二日酔いへの効果

このように様々な効能が確認されているコーヒーですが、二日酔いの解消にはどのように関係しているのでしょうか。

まず、二日酔いの頭痛の原因は体内で分解し切れなかったアルコールがアセトアルデヒドを発生させ、血液が酸素を取り入れようとする結果、血管が拡張し、神経を刺激することです。コーヒーに含まれるカフェインには血管を収縮する効果があるため、二日酔い独特の頭痛をやわらげる効果がある、ということです。また、コーヒーには利尿作用があるため、何度もトイレに行っているうちに体内の毒素を追い出すことにつながります。このような理由で、コーヒーは二日酔いの解消に役立ってくれるのです。

二日酔いのときのコーヒーの飲み方

二日酔いのときは胃腸が弱った状態ですから、ブラックよりも砂糖やミルクをたっぷりと入れてコーヒーを飲むことをおすすめします。糖分は肝臓の疲労回復にも効果的ですので、甘くして飲むとより早く症状をやわらげてくれるでしょう。


カテゴリー: 二日酔いにコーヒーは有効か?